言葉の引き出し


音楽を通して、毎日の時を通して、思い感じる事を綴っていきます。
by nausicaa-piano
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

開花宣言

寒い寒いと言っていた今年の冬もいつの間にか終わり、
桜だよりと共に春がやってきています。

東京も開花宣言が出たそうです。

近くの桜は・・・まだですが、
来週辺りには一輪 また一輪と開き始めるかもしれません。


f0090536_1354878.jpg


f0090536_1320161.jpg


f0090536_13152621.jpg

[PR]

# by nausicaa-piano | 2013-03-16 13:21

新年

明けましておめでとうございます。

新たに始まったこの一年が、幸多きものであるよう願うとともに、
世界が穏やかな空気に満たされていく事を心から祈る正月です。


明日からは仕事始め、さてどんな事が待っているのか楽しみですね!


今年もどうぞ宜しくお願い致します。
[PR]

# by nausicaa-piano | 2013-01-03 21:09

Buon Natale

今日はクリスマスイブ、今年は天皇誕生日が日曜と重なった事もあり、
振り替え休日も含めて週末から3連休。

とはいっても、相変わらず世の中の暦とは縁遠い日々、
年が明けて1月2月のコンサートや舞台の練習があり、
買い物などで出かけようとしている人達を横目に稽古場へ。

演奏者と言う仕事柄、バブルの頃(もはや懐かしい響きすら持つ言葉でもありますが)は、
クリスマスパーティーやイベントでの演奏で、ゆっくり家で過ごすのは夢のまた夢。

ある年は、札幌でのディナーコンサートがイブの夜、
25日の夜は東京でやはりクリスマスイベントコンサート・・・と、
一日で往復すると言うかなりハードなスケジュールで動いた事もありました。

12月としては例年以上の積雪となった札幌、往路の便も時間を早めて現地入りし、
その日は無事にコンサートを済ませて就寝。
確かにかなりの雪はあったのですが、
まぁ翌日も何とか飛ぶだろう・・・と希望的観測と共に夢の世界へ・・・。

ところが明けて25日、カーテンを開けてビックリ!
これは一目見て欠航であろうと分かるほどの降り方。
急いでTVをつけて情報収集すると、陸路・空路ともほぼ全滅。

航空会社に連絡するも「空港に来て頂かないと何ともなりませんので」と、
予定を変更して早めにホテルを出発し、
本来の倍以上の時間がかかってやっと千歳へ。

欠航手続き・キャンセル待ちに並び、何時に飛ぶか分からない状況下、
東京の仕事先へ連絡を入れ(公衆電話に走りました!)、
後は運を天に任せてひたすら待つ・・・待つ・・・待つ。

雪そのものは小ぶりになったものの、滑走路や機体に積もった除雪に時間を要し、
結局乗れたのは数時間待ってから。

幸運にも東京の仕事には間に合い、羽田から現場へ直行。
音だし40分前には到着したのは奇跡とも言えた日でした。

毎年この時期が来ると、今はかつての様なハードスケジュール下での生活をしていなくても、
その日の事を思い出すのは、「雪」と「音楽」の記憶が密接に繋がっているからなのかもしれません。

「クリスマス寒波」が到来中の今年、皆さんの町では雪が降っているのでしょうか、
それとも澄み渡った夜の星空が広がっているのでしょうか?

もうすぐやって来る新しい年に少しばかり思いを馳せて、
賑やかさの中にも穏やかな時が流れる事をお祈りしています。


f0090536_21574246.jpg




f0090536_2204065.jpg

[PR]

# by nausicaa-piano | 2012-12-24 22:52

サンタ チェチーリア

音楽の守護聖人 聖チェチーリアの日に・・・

f0090536_23253295.jpg


ローマのトラステヴェレ地区に彼女の名前を冠したバジリカがあります。

懐かしいローマに思いを馳せつつ、
チェチーリアの名がつけられた作品を聞きながら、
自分自身の来し方の、そしてこれからの音楽との歩みを考えてみる事にしますか・・・。
[PR]

# by nausicaa-piano | 2012-11-22 23:37

流星群

暦の上では立冬も過ぎ 日ごとに秋が深まっていますが、
いかがお過ごしでしょうか。

今年は「夏はそれほど猛暑にはならない」との予想だったのが、
蓋を開けてみたら長い残暑のオマケが付き、
10月初旬まで半袖でOK、電車や建物も冷房が入っていた状態でした。

そして中旬の声を聞いたや否や急に肌寒くなり、一気に秋に。

季節が移り変わっている間、ブログには手を付けずに過ごしてしまうと言う、
またまた「ほったらかし」をしてしまいました。

夏はオペラの稽古に講習会でのアシスタント、
9月に入ってからは舞台に大学にと、
相変わらず休みが殆どない日を送っていました。

日々感じる様々な思いや、新しい出会い、
忙しくとも退屈している暇が無いのは、嬉しい限りです。


そして霜月半ばの今日は「しし座流星群」の夜。


日中の激しい雨からは「今晩は無理かしら?」と半ば諦めの心境でしたが、
1・2時間前にその雨も止み、雲間が広がってきました。
運が良ければ一つ二つ拝めるかもしれません。

さて、その流れ星に何を願いましょうか!?


一日一日、朗らかに 悔い無く 充実して過ごして行かれるよう、
空を見上げてみる事にします。

勿論、防寒対策はしっかりして・・・ですね!


皆さんの願いが叶いますように。
[PR]

# by nausicaa-piano | 2012-11-18 00:00

機織り

日付が変わったので昨日になりましたが、
七日は五節供の一つの七夕でしたね。

新暦での七夕祭りだと、大抵は梅雨明け前、
あいにく一日中雨で、天の川はおろか、
ベガもアルタイルも拝む事は出来ませんでした。

地元の商店街の和菓子屋さんの店先や、
駅前の小広場には今年も笹竹が飾られ、
事どもたちの願いが書かれた沢山の短冊が吊るされていました。


七夕祭りの起源は幾つかあるそうですが、
中国の星伝説、乞巧奠、
日本古来からの 祖先の霊を祭る 棚機つ女、
等の行事などが合わさって出来あがっていったそうです。


そして「機を織る女性」で連想するのは、夕鶴のおつうさん。


その「おつうさん」状態に、私達奏者は時折、
いや毎日なると言えば、どんな事を言わんとしているか
ご想像頂けるでしょうか?

表題でもある「機織り」は、器楽奏者の何人かの友人と
一年程ぐらい前からよく使う言葉で、
「今日は機織りを○時間した」とか、
「これから良い反物を得るべく、機織りをしてきます」と
書いたリ言い合ったりしています。

「私が機を織っている間は、決して覗かないで下さいましね」
とは少々大袈裟かもしれませんが、
奏者が一人で練習している姿は、
人様にお見せするような物ではないですから、
当然機織りをしている間は練習室やレッスン室に引きこもり状態。


七夕の起源の諸説のうちの一つに出てくる織女は、
機を動かす仕事をしていたそうですが
折角天帝が整えてくれた縁談で嫁ぐも、
今度はその労を怠けるようになってしまい 罰として里に帰され、
一年に一度のみ夫に会う機会を与えられた…とか。


一方奏者の私達は、練習と言う名の機織りを休んだとしても、
誰かに直接罰せられて何かを禁じられると言う事はありませんが、
技量が衰えたり舞台に間に合わなくなってしまったりと言う、
自らに跳ね返って来る「罰」が結果として待っています。


織る為の材料は糸と音の違いこそあれ、
それを受け取って頂く方に美しく仕上げて届ける任があるのは同じ事。


七夕の日もいつもと同じく、それぞれの機織り部屋で、
音の反物を織りあげるべく、皆 音楽と向き合って時を過ごし、
ふとしたその合間に、二星の落とす涙雨の向こうに
本当だったら広がって見えるはずの星空に
少しばかり思いを馳せていた…かもしれませんね。


忙しい毎日の連続で 実際に短冊を吊るすと言うのは、
今年も間に合わずにしそこねてしまいましたが、
せめて心の中で書いて願う事にしました…。


暦の上では小暑、梅雨明けもカウントダウン、
暑さが本格化するのも間もなくですね。


皆さんの夏が、良いものでありますように…!
[PR]

# by nausicaa-piano | 2012-07-08 12:35

上を向いて

・・・あ~るこ~~よ・・・

と、つい続きを歌いたくなってしまいますが、
今日はすき焼きソングではなく、
日本の各地で多くの人が同じように空を見上げた話題、金環日蝕です。

前日までの予報は、曇り。
期待薄で、それでも一応間に合うように目覚ましをかけて就寝。

さて、一夜明けてカーテンの間から洩れる明るさを目にして窓を開けてみれば、
隣家の屋根の上の向こうに見える、既に欠け始めた太陽が。

さっそく観察眼鏡と、カメラ用手持ちレンズを取り出し、
段々と蝕が進み環になり、またそれが元に戻って行くのを
1時間ほど窓辺に座りながら眺めていました。

時折雲の向こうに隠れたりと、
金環になっている間は大丈夫なのかしらと、
少々不安にもさせられた空模様でしたが、
朧な様子になるのもまたかえって味わい深く、
蝕が進むにつれて空気がひんやりとするのを
眠さが何処となく残っている肌に感じていました。

日本国内で見られるのは25年ぶり、
次回は北海道での18年後となると、
やはりちょっと頑張って早起きをして、
上を見上げてみるのも悪くはなかったですね。

今年は天文ショーの当たり年だそうですが、
来月始めには部分月食、金星の太陽面通過、
8月には金星食もあるとか。


ここまで何年に一度、という現象の為ではなくても、
時には朝日や夕日に染まる空、
昇って来た星を眺めて、上を見上げてみるのも、
時としては良いかもしれませんね。


気持が明るくなった所で、またこれからも歩いて行きますか!


f0090536_0124156.jpg

(AM 6:59 既に欠け始めている太陽)



f0090536_0163671.jpg

(AM 7:04 雲はここまで広がっています。この後大丈夫なのかしらと、少々不安にも・・・。)


f0090536_0185325.jpg

(AM 7:22 あともう少し。)


f0090536_021770.jpg

(AM 7:26 ついに環に!)


f0090536_0225392.jpg

(AM 7:29)


f0090536_0273436.jpg

(AM 7:38 こんどは満ち始め・・・。)


f0090536_0362177.jpg

(AM 7:50 随分と戻って来ました。)
[PR]

# by nausicaa-piano | 2012-05-22 00:37

スーパームーン

今年のゴールデンウィークは、
4月28日の土曜日から休みを取り始め、
会社勤めの方でも5月1日・2日に有給休暇を取れば9連休となる年でした。

皆さんはどのように過ごされていたのでしょうか?

こちらは不覚にもそのGW入り直前に鬼の撹乱でダウン、
本来だったら出かけられるはずの日は、休養静養をせざるを得ずの状態。

後半は通常授業があったので出講と、
余りその「大型連休」の恩恵を受けずに過ごしていました。

ようやくこの週末やっと一息、
全く家から出ないのもつまらない、でも人混みの中に突入するのも考えもの・・・、
で、ふと思い立って「スーパームーン」を見ようと、
夕方から都庁展望台へ行ってきました。

海外から初めて日本へやってきた友人を案内する時、
ここへ連れてくる事が多いのですが、自らで来るのは実は初めて。

ひょっとしたら「高い所からスーパームーンを愛でよう」という、
同じ考えを懐いてやってきた人たちで溢れかえっていたりして・・・
という危惧はありましたが、それほどでもなく、
月の出をガラス越しではありますが楽しむ事が出来ました。

f0090536_21223020.jpg


月の出から30分弱経った頃、南東の方角にようやく・・・。


f0090536_21282470.jpg


空が少しずつ暗くなり、月の明るさが徐々に際立ち始め・・・。


f0090536_21315287.jpg


照明が点いた東京タワーの上に…。
[PR]

# by nausicaa-piano | 2012-05-06 21:34

閏年

今年は閏年、オリンピック開催年、
と言う事で2月は29日までありますね。

如月最後の日は、前日夜半からの雪となり、
今年になってから一番積もったようです。

雪国の方から見たら、10cmにも満たない積雪で右往左往してしまう私達の姿は、
「なんとかせんかい!!」と言われてしまいそうですが…。


昼過ぎには雨に変ると言う予報も少しだけずれ込み、
氷雨となったのは小一時間ほど前から。
寒い2月の締めくくりとなりました。


桜の木も水墨画のように、白と黒の様相に…。

f0090536_15465133.jpg




そんな2月の閏日は、ロッシーニの誕生日、
1792年2月29日生まれ。

検索エンジンの一つGoogle  http://www.google.co.jp/ が、
それを祝してのロゴ表示。

(日が変わってしまうと実際の画面では見られないので、下記のページでどうぞ!)

http://www.rbbtoday.com/special/2969/recent/%E3%83%AD%E3%82%B4

昨晩ふと見たこの蛙の画像、
はて、蛙が歌うとは一体何を表しているのかしらん?とクリックして見ると、
なるほどなるほど、
ロッシーニの最も知られている作品「セビリアの理髪師」の一場面である事が判明。

Buon compleanno, caro maestro Rossini!!!


Googleもお洒落な事をしますね!
[PR]

# by nausicaa-piano | 2012-02-29 16:15

音楽三昧

年が明けてから1月は演奏会が3本(一つは収録)、
2月頭にも1本あり、タイトル通り音楽三昧の日々を送っています。


日付変わって昨日までは「フィガロの結婚」の稽古に関わっていましたが、
こちらは一足お先に弾き納め。


そして、3月1日の友人でもある山本真由美さんのリサイタルに向かって、
二人で最終コーナーを回った所です。

今回はスペインとフランスの作品でのプログラム。

山本さんとは20年前にとあるオペラ団体の公演で知り合い、
それ以来のお付き合い。

その時の演目は「フィガロの結婚」。

そして今日までの月日が流れ、彼女のリサイタルが開かれる年に、
再び(異なる団体ではありますが)フィガロを弾いていると言うのは、
少々特別な思いも感じます。


お互い今までに積み重ねてきた時間を、
声とピアノの音に乗せて表現すべく、
心身ともに更に充実させて行きたい所です…!


リサイタルに先駆けて、一足早く山本さんの声をお聞きになりたい方は、
今週末に放送される「名曲リサイタル」にダイヤルを合わせて見て下さいませ。
(2012年2月25日 土曜日 19:20~21:00 NHKFM)

詳細は番組HPでご覧いただけます。

http://www.nhk.or.jp/meirisa/onair/120225.html
[PR]

# by nausicaa-piano | 2012-02-24 01:48